Programs / 最終更新時間:2003年10月19日 21時02分08秒

PolyPoly Version 0.0

1999年07月12日  

概要

 このソフトは、DirectX6.1を使用した3Dポリゴンモデラーです。作成したポリゴンに、色、マテリアル、テクスチャ、アニメーションなど、Direct3Dで可能な処理は最低限ですが、一応実現しています。保存形式もDirectXと同様のName.xファイルです。しかし、フルスクリーンツールなので、かなりくせが強いと思いますし、多少Direct3Dを理解していないと扱うのは困難です。

 PolyPoly Ver 0.0はフリーソフトですが、著作権は作者(北川 義高)にあり、無断で複製、配布、改変を行ってはいけません。また、何が起きても、いっさいの責任はとりません。

ダウンロード

PolyPoly Version 0.0 (LZH 224KB)

目次

画面

動作環境

1.DirectX6.1のランタイムがインストールされていること
2.OSがWindows95、Windows98であること
  (95の動作確認はしてないので実際は不明)
3.ディスプレイの解像度が480×640×16表示が可能なこと

そのほかに、3Dビデオカードあればより快適です。
ちなみに、ビデオメモリーは約2MB使用しています。

確認動作環境

 Windows98、DirectX6.1、Pentium133MHz、
 メモリ48MB、3DボードはGraphics Blaster Exxtreme 8MB。

インストールとアンインストール

 インストールは『PolyPoly 0.0.lzh』を解凍するだけです。アンインストールも、解凍した全てのフォルダーを削除するだけです。

 PolyPoly 実行ファイルなどが入っています。
  ┣ Data データが入っているので、むやみに変更しないで下さい。
  ┣ Lesson レッスンテキストが入っています。
  ┣ Texture 基本的には、テクスチャの置き場所に使用して下さい。
  ┗ X_File 基本的には、Xファイルの置き場所に使用して下さい。