Cafe Diary ログに戻る

2008-12-31

ワイヤレスマウス生活

ノートPCではモバイル用ワイヤレスマウスを使ってるんだけど、デスクトップでは有線のマウスで過ごしてきました。しかし、机の上のものにひっかかったりイラッとすることもしばしば。

そこで年末、デスクトップのマウスもワイヤレスに買い換えました。

このマウスが特別オススメ……というより、ワイヤレスなことがオススメ。思った以上に快適です!



Trackback(0)

2008-12-30

日記にタグを追加して閲覧を楽に

このサイト、日記の中から開発の話題とか、旅行の話題とか、特定のカテゴリのものを探すのに手間がかかります。なので、特定のタグ(カテゴリ)で記事をリストアップできるようにTagCloudプラグインを入れてみました[1]

こんな感じで、サイドメニューにも表示しています。

まだ2006年〜2008年の日記しかタグ付けしていないので、リストアップされるものが少ないのですが、暇を見てタグ付けしていく予定です。

  • [1]プラグインでリンクをクリックしたあとの動作を若干カスタマイズして、ページ名に続いて見出しを列挙するようにしています。ページ自体を表示するようにしてもいいかも。



Trackback(0)

2008-12-29

来年の手帳

ケータイのスケジュール機能も使ってるけど、ToDoやメモにはアナログな手帳も捨てがたい。
というわけで、毎年気分を変える感じで次の年の手帳を用意しているのですが、来年はこうなりました。

以前のものに比べ、大分スリム化。

システム手帳でなければ薄いものもあるんですが、書いたものを他に移したり、必要なものだけを入れ込んだりできるので、出来ればシステム手帳がいいなぁ、と。

でもシステム手帳はミニ6穴でも分厚いものが多かったり、気に入ったデザインのものが少ない――そこで今回は、自作することにしました。

作り方は簡単。東急ハンズで細身のミニ6穴用の留め金と好きなリフィル(カレンダーやらToDoリストやら)を買ってパチンと留めるだけ。表紙と裏表紙がほしいときには、好きなデザインのノートなどの表紙と裏表紙をハサミで手帳サイズに切り、穴をあけてこれも留めてしまいましょう。懲りたい人は皮で包んだりしてもいいですね。

手帳の使い道について以前書いた記事はこちら。



Trackback(0)

2008-12-7

年賀状のデザイン素材

郵便年賀.jp
日本郵便は、年賀状のデザイン素材を無料で提供するようなサービスをしてるんですね。知らなかった。元の素材はおめでた満タン2009」からのようです。


Tag : 素材

Trackback(0)

2008-11-15

次期C++の標準とは

C++ 12年ぶりに次世代スタンダードへ - "C++0x" 策定進み草案公開へ
C++0xっていうんですね。Wikipediaに解説があったりしますが、ガベレージコレクションが今のRTTI的にオプションで導入できるようになったり、無名関数が使えるようになったり、ヘンタイな構文が増えたりするようでいろいろ楽しみ:D

FlashDevelopでブレイクポイント

fdbのラッパープラグイン fdbPlugin
FlashDevelopでデバッグするときにブレイクポイントを置いたりステップ実行したりするときに使えて便利です。

Web拍手

更新サボっていたらページ右下にあるWeb拍手でお礼を言ってくれる方や励ましてくれる方がいたりして、久々に更新――将来の参考になるよーな話はまだまだ少ないかもしれないですが、気軽にまた覗いていただけると嬉しいです。



Trackback(0)

2008-8-31

夏休みに仙台へ

夏休みの旅行ということで、8/8(金)の仙台七夕祭りを見にいってきました。

歓迎してくれてます。あんまり方言は聞けなかったなぁ。

時間があったので、縄文の森広場というところに行ってみると、竪穴式住居が。
真夏の日差しが暑い……。

でも中はクーラー付けているのかというくらい、ひんやりしていて涼しい。5度くらい違いました。なんでも、屋根に土草が生えていたり、中が地面より窪んでいるので暖かい空気が外に逃げていったりするおかげとか。

阿佐ヶ谷七夕祭りはキャラクターものがいっぱいああって楽しいですが、仙台七夕祭りは何重にも重なった七夕飾りから伝統を感じます。でもそういう重厚さだけじゃなくて、スターバックスの飾りとか、マックの飾りとか、伝統的な飾りが現代のものと融合していたり面白いです。

やっぱり仙台といえば牛タン。発祥の店である味太助にも行ってきました。
分厚くて香ばしい、やみつきになりそうな味。
薄い方の牛タンは焼きすぎて硬くなってたのが残念だけど、それでも仙台に来たらまた食べたいです。ちなみに、他の牛タン店もそれぞれ個性があって、さすが仙台という感じでした。

風に舞う様子が綺麗です。

翌日は電車で松島へ。松島は循環100円バスがあって観光に便利なのですが、ホテルの方がここがおすすめと雄島に送ってくれました。松、島、海、そして仏像。ここで一句、という雰囲気が漂います。

一句も詠めないけど。

遊覧船に乗ると、点在する島々を見てまわりつつ、こんなふうにカモメに手渡しでエサをあげられたりします。エサは、かっぱえびせん。食べてみたけど普通のエビせんです。

やめられないとまらないのはカモメも同じということか、執拗に追いかけてきます。こちらのムービー(kamome.mov)をどうぞ。

松島レトロ館、ホームページを見てちょっとみくびってましたが、面白いんです。昔のおもちゃや家具、印刷物などを実際に手にとって使ったりしながら見て回れるのが凄いと思いました(ATARIもあったけどそれは動かせなかった:D)。

みちのく伊達政宗歴史観、250体を超える表情豊かな蝋人形たちが伊達政宗の歴史を教えてくれます。なぜか最初の方には、小泉元首相とか、ゴジラ松井とかいますけど、それはそれで。

この数は圧巻です。自分だったらついコスト削減で後ろの人間は張りぼてに――とか考えてしまいます。

こちらは小さい人形の展示。第一陣前田利家、第二陣徳川家康、第三陣伊達政宗とやってきて、さすが伊達といわしめた、この伊達勢の華麗かつ奇抜な格好を見てください。

以後人目をひく派手な振る舞いや服装をするものを伊達者というようになったとか。

こちらはホテルの近くにあった松島オルゴールミュージアム。自分の中のオルゴールの常識を覆されました。オルゴールにこんな迫力があるとは……。詳しくはこちらのムービー(orgel.mov)をご覧ください。

ここは10月10日にベルギーオルゲールミュージアムとしてリニューアルオープンするそうです。

ちなみにさきほどのムービーのオルゴールは写真のオルゴールの1/6ぐらいの大きさしかありません。


Tag : 旅行

Trackback(2)

Cafe Diary ログに戻る