Cafe Diary ログに戻る

2006-6-1

4GB越え大容量ファイルの圧縮

7-Zip
4GB以上のデータを圧縮してバックアップしたりしたいとき、LHA(lzh)やZIPだと無理で困ったりします。64-bit Zipに対応しているツールならよいのですが、同じZIPなのにツールによって開けたり開けなかったりするのが嫌だったのと、フリーソフトウェアでそれに対応しているものがパッと見なかったので、他を探してみました。それで知ったのがこの7-Zipです。

デフォルトの7z形式は「ファイルサイズ16000000000GB まで対応 」という頼もしい仕様。圧縮終了予定時間なども表示され、親切です。LGPL、オープンソースの、わりとメジャーな形式なので同じような問題にお悩みの方はぜひ。

あと別形式ですが、Rarも有名です。ただ、フリーソフトウェアでRarの圧縮に対応したものは見当たらなかったです。



Trackback(0)

2006-7-31

新モバイルPCを購入

一週間ほど前SONY VAIO type TSony Styleでオーダーメイドして買い、先日届きました。
VGN-TX92Sです。店頭モデルはVGN-TX72BとかVGN-TX52Bなどがあります。

外でプログラミングや文章打ちができるノートPCを探していたんです(その理由は、いずれまた)。

それで最初VAIOだけは買うまいと思っていたのに、結局VAIOを買っているこの不思議。Let's noteもよかったんだけど、実物を触ったとき、キーボードと液晶とデザインがどうもしっくりこなくて、反対にVAIOは触ったり調べるほど望みのマシンに近い(オーダーメイドで近づけられる)ということで、選びました。

3DをやるならVAIO Type Sと思ったけれど、これは持ち運ばない可能性大だし、それならデスクトップでいいと思ったのでやめました。簡単なプロトタイプや実験ならType Tでも可能なレベルだし。

昔、VAIO C1(CPUがCrusorなバージョン)というノートPCでプログラミングしたときは、とにかく反応が遅すぎてきつかったけれど、このVAIO Type Tは十分速い! やれます。今家で使ってるデスクトップが結構型落ちというのもあるけど、それより速いと感じることさえありました。

バッテリーもカタログスペックで10時間持ちます(CPUをCore Soloにした場合)。

このデスクトップは若干カスタマイズしているので、初期状態ではありません。

モニタが小さくて、画面解像度が高いので、結果的に文字などが細かいです。だから疲れやすい面が弱点かな? これに慣れるとデスクトップの19インチ液晶の画面を見たとき、文字がでかくて見やすいんですが、やぼったくも感じます。変化を体験してからでないと現状に疑問を感じないというか、感覚の不思議ですね。

え、ワンセグチューナー? 付け……てません。見せびらかすに面白そうだけど遊んじゃうので……。それにTVは家で見ればいいし、見たければiPodでビデオ見れるし、それかワンセグ対応携帯買って見る方がまだスマートな気がしました。あと感度が携帯に劣る状態で映る状況探すのがストレスになりそう。

では今回はこんな感じで。



Trackback(0)

2006-7-3

中田英寿選手が引退

号外 中田英寿 現役引退
本日nakata.netの日記で発表がありました。とんでもない根性と執念を見たあとだけに、残念。
大きな注目を浴びたプロ選手は、他分野でもなかなか重圧からは解放されないとは思うけど、そんなときは大好きなサッカーで息抜きをしながら、いろんな分野で自分を試してみてほしいです。

ジダンやロナウドとはまた違う中田選手だからこその生き様を見ました。自分と同い年の人が(歳なんて関係ないけど)、こういうふうに生きる姿は凄く励みになります。

28年目のハーフタイムを読んだとき、サッカーに対するサポーターやマスコミの影響力の大きさを知ったけれど、あれからどのくらい変わったのかな。中田はみんなというのに、マスコミは孤高という。サッカーは1人でやるわけではないのに、まわりは中田にばかり注目してしまう。でも徐々に流れは変わってきている気はします。これから志を継いだり、反発して力を発揮するのは誰になるか? それもまた楽しみです。



Trackback(0)

2006-8-15

マイクロソフトによるウィルス対策サービス

マイクロソフト、ウィルス対策サービスを無料提供
無料提供するとは思いませんでした。「チューンアップ センター」なる機能もあるようです。詳しくはWindows Live OneCare PC セーフティへ。XNAの無償提供も開始したし、最近のマイクロソフトはベンチャー企業のようにアグレッシブです。



Trackback(0)

Cafe Diary ログに戻る