Cafe Diary ログに戻る

2006-5-22

3Dデスクトップと便利さ

Vista先取り?3D、半透明のデスクトップ環境を搭載した「SUSE Linux 10.1」
キューブ型仮想デスクトップ。以前軽快に動くデモを見て意外に便利そうだと思いました。が、なぜか静止画だと、やぼったい印象も受けます。どことなく不必要な機能感が漂ってしまうという。

仮想デスクトップがもっと一般的に使われるようになるには、机、引き出し、仕事部屋/遊び部屋、棚といった身近なメタファーとその切り替えの高速性が必要なんじゃないかと思ったりします。

いや、部屋を3Dにして歩いて移動し、視線を操作して道具をクリック(SUSE Linuxとは無関係)という方向は実用ソフトとしてはかんべんしてほしいです(遊びとしてはありだと思います)。

仮想デスクトップの一面や関連する操作をそう名づけ、実際の操作やインターフェイスのメタファーはシンプルに(動作自体はキューブ状で高速に切り替えもアリ)とかそういう意味です。

で、高速性について。

たとえば今のWindowsのデスクトップは作業するときに、その作業にあわせてデスクトップ使うというやり方が、実はやり辛いです。デスクトップにアイコンが増えると遅くなるうえ、作業ごとにアイコンを配置するのは時間がかかって実用的じゃないです(ので関係ない作業のアイコン全部ならべてしまい、散らかったり)。

だから作業別にフォルダに分け、そのフォルダを開くか(でもフォルダだと作業内容の確認や狙ったアイコン配置をするために開く作業が必要で、アイコンが自動整列になり、すると単なる作業場でも位置でカテゴライズできないのでフォルダを細分化する必要が出たり、手間なので見なくなったり)、あるいはそのつど自分の手であれとこれを開いて、このリンクを使って……と操作しないといけない(標準環境では)。

かといって作業に使うアプリを起動し、ウインドウを並べればいいじゃんというわけにもいかない。次回作業するときにはまた自分で起動しないといけないし、別の作業で前回の続きをするときにも同じように自分で起動してファイルを開かないといけない。

コンピュータを使っているのに手作業で時間のかかる定型処理をする必要があるのは不便です(スクリプト書ければ別だけど)。

使用頻度別にバックグラウンドで裏にある仮想デスクトップ(作業場)のアプリやファイルを準備してくれていたり、朝はこの作業場、この作業の次はこれが多いとか学習したり、高速に前回の作業状態を再現できたりするといいなぁ……。

話は変わりますが、3Dで活気づく「デスクトップJava」なんて記事もありました。


Tag : UI

Trackback(0)

2006-5-18

ジーコ監督のエピソード

中田英、ジーコ超え…VIP豪華部屋の中身とは
そこまで超豪華というわけではないですがって、そういう話ではなくて、ジーコ監督のエピソードが面白かったのでご紹介。

「今の楽しみのひとつがパソコン」というジーコ監督は、国内外を問わず無線LANがないとご機嫌ナナメ。以前使用していたパソコンがウイルス感染し、「なぜ、急に動かなくなるんだ!」とまくし立て、すぐさま新しいパソコンを購入したというエピソードを持つ。ジーコ監督は、W杯対戦国に関するDVDソフトを数多く持ち込み、「この合宿で分析する」という。

どうにも憎めない感じです。

ゴレオはかわいくない?

W杯マスコット「ゴレオ」不人気、製造会社破産とは……。
確かにゴレオはかわいくないけど、プーさんだってパンツはいてないのに、なぜ彼だけが。


Tag : 面白い

Trackback(0)

2006-5-17

LEGO SportsでFIFAワールドカップ

FIFAワールドカップ 2006開催まで残り一ヶ月を切りました。ひとつ気分を盛り上げるため、LEGOでサッカーを遊んでみます。

こないだ那須のレゴスタジアムで買ったのがコレ(先行発売だったらしい)。
といっても大型のやつではなくて、パッケージ右上に載っている持ち運びに便利な小型のやつです。

商品名は「3568 Football Shoot Out」。

こんな感じPK戦を楽しめます。結構ボールコントロールができていい感じ。
しかし、キーパーは勢いあまってゴールごと動かしてしまったりも!

ひとりでも遊べるよう、点数の枠をくぐらせるパーツも付いています。

ニヒルな表情で決めポーズ。

今月フットサルに参加したときも楽しかったですが、LEGO好きなのでこういうのもいいですねぇ。……さすがにこれで筋肉痛にはならないし:D



Trackback(0)

2006-5-16

Ajaxで仮想デスクトップ

スタートフォース
ブラウザ上で動くオンライン仮想デスクトップサービス。同じ趣旨のデモっぽいサービスはいろいろありましたが、道具としてある程度使える形になっているものは少なかったので今後が楽しみです。

現在のところ、1アカウント200MB使えます。ただし、一ヶ月4GBの転送量制限あり。
ブラウザ上で動くなら、PS3やPSP、Wiiでも使えそうですね。

Trackback(0)

2006-5-13

那須の旅

連休を利用して那須高原に行って来ました。といっても一泊二日だけど。

那須塩原駅まで新幹線で移動し、そこからはレンタカーを借りました。
運転は5年ぶりぐらいだったので、前日に運転のコツを勉強したり、Flushゲームで練習したり、地図を確認したり予習が欠かせません:D

当日、実際に運転するときにはブレーキの踏み具合をすっかり忘れていて、最初軽くふんでも急ブレーキに。ほかに車のない脇道、超低速でだけど――久々の運転はスリリング。

ペーパードライバーの突然の運転は無謀ですが、かといって臆病になりすぎるのも可能性を狭める! というのと、今回はスケジュールがタイトではないので、焦って事故る危険は少ないだろうということでのチャレンジです。

前日の予習は馬鹿にできないというか、結構役立ちました。

で、彼女と一緒に最初に行ったのはお菓子の城とお花の城です。

お菓子の城では、萩の月ならぬ、那須の月の工場機械生産ラインを見学したり、食事をしたりできます。
バラ売りのお菓子を自分で詰め合わせたりできて楽しいです。

こちらはお花の城。温室の中に大量の花が! 香りが強烈。
だけど、この量と鮮やかさはスゴイです。
中では貴族の衣装を借りられます。貧坊ちゃま仕様(前面のみの衣装)です。

次は那須ハイランドパークへ。
いろんな種類のジェットコースターが充実してます。

ここにはレゴスタジアムという場所があって、それを目当てにやって来ました。日本にはレゴランドがないので、国内ではここが一番大きいかも。

横浜中華街や東京駅(地下鉄の駅まで!)、東京タワーもレゴで再現。

店の小物、内装など、よくぞここまでという出来です。
実際に行かれた方はぜひ内部を覗いてみてください……!

夜は那須マウントホテルへ。カーナビ便利だけど、ぜんぜん違う場所で「この付近です」と言われ少し迷ったものの、無事山道を登ってたどり着きました。夕食はズワイガニ食べ放題! おいしいし、他の料理もあってかなりの満腹。

ホテルの至る所に熊のぬいぐるみがあったり、何かへんだと思っていたら、このホテル、那須にありながら「北海道」の雰囲気を出そうとしているらしく、部屋の名前もこのとおり。……どんだけ北海道好きなんだ。

雪山が近くにあるのでスキーシーズンには手軽な北海道として客が来るのかも。実際、屋根から落ちた雪がまだ残ってました。

横倒しのワイン樽の中に入る露天風呂があります。温泉、人も少なく快適でした!

翌日はりんどう湖ファミリー牧場へ。那須高原の小さなスイスということで、動物がたくさんいたり、花や湖が綺麗な場所です。ハイジグッズが大量にあるハイジの山小屋もあります。

コンビニでも買える割引券を買っておくとお得なのでオススメ。

子牛にミルクをあげたり、馬にニンジンをあげたり、生き物と触れ合うことができます。ニンジンを売っている場所のすぐそばいる馬は超興奮してました。

馬には乗せてもらえたりも!

ゴーカートやバギーも充実。何回も乗りました。でもバギーは本当にスゴイです、波打つデコボコ、アップダウンの激しい道で、車体が跳ねまくり!

ゴーカートのコースの内側ではパターゴルフができます。難しい……。

他にも小さな鉄道が園内を走っていたり、ペダルボートがあったり、トレーラー型のお化け屋敷やカラクリ屋敷があったり、家族連れに良さそうな場所でした。

そうそう、名物のソフトクリームもおいしいです。

次に行ったのが、那須とりっくあーとぴあ。上の写真、立体じゃなくて平面なんです。

東京でも何個かトリックアートの美術館に行ったことがあったので、そういうものを想像してたんだれど、ここはスケールが違いました。3館に分かれてるのもびっくりしたけど、1館の中でもこれでもかこれでもかと、大量のトリックアートがお出迎えしてくれます。こんな大聖堂のような場所までありました。

いろいろポーズをとるのがお約束。この部屋は隠し扉を見つけないと先に進めません。

たくさん面白い絵やアイデアがあって楽しいです。でもキリがないので、一番感動したものをご紹介。上の写真の絵です。これは見る場所によって気持ち悪いぐらい構図が変わる絵で、ぜひ実際に見てほしいのですが……待てない方はこちらのムービー(Quick Time Movie 3MB)をどうぞ。ただし、ネタバレありなのでご注意を。

実際、ああなるほど! と思って何度後ろ下がってみても目が騙されるのが凄かったです。

ゲームで使われるテクスチャも一種のトリックアートみたいなもんだけど、こういう騙しを3Dモデルでやってゲームに登場させたら色々幻惑できるステージを作れそうだなぁ。

夕飯はレストラン蒸気機関車で焼肉や焼きそばを食べました。席が駅名になっていて、到着予定のアナウンスが流れたあと、ミニSLが料理を運んできてくれるというアトラクション付き。

そんなこんなで、最後駅の反対側に出てあわてたりしながら無事レンタカーを返し、新幹線「なすの」で東京に戻りました。

色々楽しいこと盛りだくさんでしたが、一番面白かったのはドライブでした……!


Tag : 旅行

Trackback(0)

Cafe Diary ログに戻る