Cafe Diary ログに戻る

2005-8-13

第18回東京湾大華火祭

第18回東京湾大華火祭に行ってきました。ハガキやネットで応募して入場整理券が当たると主会場で見ることができます[1]。人は多いんだけど、会場も広いので17時くらいに着いていれば余裕です。帰りは大混雑。

  • [1]でも整理券はほとんどノーチェックのような……。

花火のとき、外でいろいろ食べるのも楽しみのひとつです。外は暑い……と思いきや、なぜか風があることが多くて、夕暮れにさしかかる時間帯は日差しも穏やか。今年は涼しく過ごせました。

空には白い雲と青い空。寝そべって空を眺めるのもなかなか――

なんてのんびりしていたら突然雨が! 傘をさしたり、シートの下にあわてて隠れたり、ビニール袋をかぶったり、そのまま雨に打たれるがままにだったり人それぞれです。「この雨は一時的なものと思われます」というアナウンスのあと、雷が鳴り始めます。「この開場のまわりには(中略)雷が落ちる可能は低いと考えられます」

花火開始の頃に雨が降り止み、無事打ち上げが始まりました。目の前であがる花火はど迫力。花火が広がっていく滑らかな動きがくっきりと見えます。

小さな花火の連続のあと、大きな花火――本当に大きくて、観客席に降ってくるかのよう――という対比が気持ち良いです。大きい花火が映えるには小さな花火が必要だし、連続の花火が映えるには単発の花火が必要、これはゲームでも映画でも普段の生活でも同じですね。

ムービーはこちら(tokyowan2005.mov 8MB)


Tag : 東京, 花火

Trackback(12)

2005-8-9

Podcastで番組を作って遊ぼう

フリーソフトウェアでひとそろいツールを用意して、息抜きにPodcastで遊んでみました。法人、個人いろんな人が作ったインターネットラジオ番組をiPodに入れて持ち歩くとかいうアレです。その番組を作って配信するまでを簡単に解説。

まず番組素材を用意します

子供の頃はカセットテープでラジオ番組みたいなのを作って遊んでました。が、今ひとりでしゃべるのは恥ずかしいので、テキスト読み上げツールでしゃべらせてみます。そのためのツールとして、楽SpeechSをインストール。合成音声は聞き取りづらいですが、手軽です。カーソルがあるところからしゃべってくれるのも便利。

声だけじゃ寂しいので、音楽も流したい。探してみます。ポッドキャスティングで利用可能な音楽を探せる「Podsafe music network」とかいろいろあるようなのですが、ひとまずCNETのクリエイティブコモンズの音楽CDを聴きながらで紹介されているクリエイティブ・コモンズライセンスなCDを使用させてもらいます。選んだ曲は「My Morning Jacket / One Big Holiday」。

次に編集です

wavファイルの編集用にAudacityをインストール。BGMの音量を「増幅」や「エンベロープ」で落として、声の方には「エコー」をかけてみました。

声とBGMをミキシングしたものをMP3で書き出します。lame_enc.dllを入れるとAudacityから直接出力も可能です。もちろんiTunesなどで変換してもOK。

できたら配信しましょう

スタンダードなBlogから配信するには、Podfeedが簡単そうですが、生憎WikiからのPodcastには対応してません。そんなときにはディレクトリにMP3ファイルを入れるとPodcasting用RSSを自動作成してくれるDirCasterで紹介されているDircasterというphpスクリプトが手軽でよいかも。スクリプトの頭の方にあるタイトルや概要を自分のポッドキャストに合わせて編集してアップロードし、同じフォルダにmp3ファイルを放り込むだけでPodcast用のRSSを自動作成してくれます。日本語文字のせいで正しいXMLにならない場合には、

print "<?xml version=\"1.0\" ?>\n";

のところを

print "<?xml version=\"1.0\" encoding=\"UTF-8\" ?>\n";

のように、テキストファイルの文字コードと同じencodingを指定するとうまくいきます。

リンクはできましたが、配信するには分かりやすいアイコンがあった方がいいので、探します。ポッドキャスティングのバナーいろいろのリンクから、Tim Maddenさんが作成したバナーを使用させていただきます。そうして出来たリンクがこちら。


これをiTunesなどのPodcast対応アプリケーションに(ドラッグ&ドロップなどで)読み込ませるとPodcastとして配信され、聴くことができます。今回は試しに昨日の記事をPodcast化してみました。



Trackback(0)

2005-8-8

SIGGRAPH 2005

シーグラフ会議“CGのノーベル賞”に日本人研究者
CG界の大御所、西田友是教授SIGGRAPH 2005で「スティーブン・A・クーンズ賞」を受賞したそうです。めでたい。ラジオシティ法に相当するアルゴリズムをコーネル大学のグループとは独立に、ほぼ同時期に開発したり、長年のCG研究に関する功績が評価された、と。受賞前の会見はこちら

同じ記事でジョージ・ルーカス監督の基調講演についても触れてるのですが、監督らしい意見で、しかもやる気なのが楽しいです。

1日に基調講演したジョージ・ルーカス監督は、「人工知能の進歩が将来、技術全般を、とりわけゲーム業界を変革するだろう。ゲームに話しかけたら、返答してくれるような水準を目指したい」と述べた。

それだけでなく、モニタの外で遊ぶようになる(あるいは外がモニタの中になる)というのを生きてるうちに実現させたいなぁ。

そのほかSIGGRAPH 2005関連のニュースもどうぞ。



Trackback(0)

2005-8-7

阿佐ヶ谷七夕祭り、8/9(火)まで!

阿佐ヶ谷七夕祭り
今年も行ってきました。8/9(火)までやってます。

カービィ(星の子)が地球を守るよう呼びかけてます。

リサ&ガスパール。ガスパールは少しお疲れ。

今年は結構見かけた、スターウォーズもの。

出店もたくさんあり。カキ氷、焼きそば、焼き鳥、イカ焼き、団子といった定番からパエリアまで。

クーも暑さに負けずに…。

ど根性ガエルも参戦。

どら焼き実演販売。

アイスどら焼きなんてものも! 結構おいしかったです。

そのそばにマツケンを発見。

染めてみました。

切ないです。

和みます。ちなみにウサハナはこんなキャラクター

去年はあんなに人気だったニモが…。

でもまだまだファイトは衰えてないはず。捕まるな!

オリジン弁当の巨大おにぎり。

心気一転のドラえもん。ドラえもん?

と、そんな感じのお祭りでした。人は多かったですが、いっぱい手作りのものがあって楽しかったです。でも足が疲れた〜。ちなみに去年の様子はこちら


Tag : 東京, 遊び

Trackback(0)

2005-8-6

今年の夏最初の花火

エキサイティング花火2005 第30回江戸川区花火大会 第21回市川市民納涼花火大会
区と市が合同で開催しているので2つ名前があるややこしい花火大会、ですが、毎年行ってます。いろんな駅から降りて各所から見ることができるので、混雑する場所を避ければ、花火開始時間間際でも余裕で座れる場所がけっこうあります。

もちろん狙い目は市川市側。

今年はデジカメを持っていってなかったのでケータイで撮ったものを少しだけ。広がったあと急に動きがかわる花火とか、キャラクターの顔(くずれてるのも多いけど)の花火を勢いで大量に打ち上げたりとか、なかなか楽しい花火大会です。

ちなみに去年の様子はこちら


Tag : 東京, 花火

Trackback(0)

2005-8-5

物理&A-Life

Modulobe
部品を組み合わせて仮想生物を簡単に作れる物理シミュレーション・システム。Blockie Creaturesみたいなものを作ってリアルタイムに動かして遊べます。こういう遊び心のあるプログラムって好きです。

via www.textfile.org



Trackback(0)

2005-8-4

スティーブ・ジョブスとアップル

スティーブ・ジョブスのスピーチ
自身の人生から得たストーリーを3つ、スティーブ・ジョブス氏が語ります。内容もいいですが、やはり語り方がうまいです。

それは仕事も恋愛も根本は同じで、君たちもこれから仕事が人生の大きなパートを占めていくだろうけど自分が本当に心の底から満足を得たいなら進む道はただ一つ、自分が素晴しいと信じる仕事をやる、それしかない。そして素晴らしい仕事をしたいと思うなら進むべき道はただ一つ、好きなことを仕事にすることなんですね。まだ見つかってないなら探し続ければいい。落ち着いてしまっちゃ駄目です。

Mighty Mouse
そんなアップルから登場した新しいスクロールマウス。触ってみたい……。



Trackback(1)

2005-8-3

ゲームデザインTIPS

Game Designing Gems
を追加しました。ゲームデザインに関する実践的TIPSを試行錯誤しながら追記していく予定です。で、カテゴリがなかったので、とりあえずはProgramsに入れてあります。



Trackback(0)

2005-8-2

デジカメと液晶プロジェクタで立体スキャン

3Dファクスの開発
安価な機材で立体データを取り込んでネットで送りあう。未踏プロジェクトひとつ。いいですね。具体的には以下のようなやり方をするのだとか。

液晶プロジェクタから縞のパターン画像を対象物に投影し、その投影されたパターンをデジタルカメラで撮影する。「誰でも簡単に気楽に扱える」ということを開発の主眼に置いているため、ユーザー側の細かい設定は不要という。液晶プロジェクタとデジタルカメラをどのような位置に置いても、ソフト側で自動調整してくれる仕組みになっている。

サイトの見出しデザインを変更

デザインの質はいまいちですが、見出しのレベル(大見出し、中見出し、小見出し)が判りにくかったので、ひとまずこんな感じに修正しました。



Trackback(0)

Cafe Diary ログに戻る