Cafe Diary ログに戻る

2004-11-30

さらにUIデザインの話

使える GUI デザイン: フリー/オープンソース・ソフトウェア開発者のための手引き
EmptyPage.jpのMasaaki Shibataさんが翻訳してくださったようです。

  1. 「ユーザーは賢く、そして多忙であると考えよ」
  2. 「どんなにクールなインターフェースでも、それなしで済むに超したことはない」

という原則から、具体的改善案をたくさん指摘してあって、参考になります。でもUIは機能だけでなく見た目も重視されるので、そこも忘れるわけにはいかない。さらに既存の操作性を踏襲するということも必要。奥の深い分野です。

via www.textfile.org

日常のユーザーインターフェイスに目を向けよう

使いやすさ研究所
この手の話になると毎回紹介しているのがこのサイト。論文、リンク集、用語解説などいろいろありますが、使いやすさ日記も必見です。


Tag : UI, 開発

2004-11-29

ユーザーインターフェイスを考える

増井 俊之 / pitecan.com
POBoxの作者としても知られる増井俊之氏のホームページ。以前から参考にさせてもらってますが、文献/書籍リストのコメント付きリンク集が、幅広く分かりやすい内容(たとえばこんな感じ)になっていて素晴らしいです。凝り固まらないUIデザインを考えるときにぜひ。こういう情報のまとめや公開っていいですね。富豪的プログラミングも面白いです。


Tag : UI, 開発

2004-11-28

ゲーム業界の常識

ゲーム開発者残酷物語――EA提訴で明るみに出た業界の実情
そりゃ訴えられもするよな、と思います。IGDAのDella Rocca氏の言うととおり、

「喜んで働く従業員のほうが、生産性も高く、創造性も豊かだ」(同氏)。同氏によると、ゲーム業界は開発プロジェクトの初期段階におけるプロトタイプづくりに十分な注意を払っていないが、ゲームの本当のおもしろさを決定するのはこのプロトタイプだという。こうした初期のリサーチがない場合、土壇場での手直しが必要となり、それが従業員の負担増につながることもあると、同氏は述べている。

あたりを見直して、いままでのやり方じゃだめなんだと気付くのが第一歩ですが、そうできない職場では生き残るために「力作業」が行われることになります。うーん、不毛だ。



2004-11-27

ギター一本でアレンジ

押尾コータローの押しても弾いても
タワーレコードで木星(ホルスト)のアレンジが流れていてそれで知った人ですが、こんなページもあったとは。いまはサザエさんのアレンジがストリーミングで聞けるようです。おなじみの曲が爽やかになっていて面白いです。でも台詞が小声なのが妙に恥ずかしい。

via Modern Syntax


Tag : 面白い

2004-11-26

デスメタルの威力

メタリカ、イラク米軍のへヴィメタ攻撃にコメント
相手の戦意を挫くために音楽が使われているようです。これについてメタリカのジェイムス・ヘットフィールドは「この類の音楽には妥協がないんだ。まったく容赦しない……デス・メタルを12時間ぶっ通しで聞いたら、俺だって頭がおかしくなる」と回答。なんとも頭の痛い話です。逆に悲しい歌とか穏やか歌だとどうなるんだろう。



2004-11-25

Eclipse + CDT

フリーで使用できるIDEとして完成度の高いEclipseですが、C++ソースもコンパイルできます。ふとひさしぶりに覗いてみたんですが、C++言語サポート機能を提供するそのCDTGoogleによる翻訳)プラグインも簡単なリファクタリングに対応したり、なかなかいい感じになってきている気配。リモートデバッグもできるようで。うーん、もっとゆっくり試してみたい。

更新時刻の目安

トップページの一番下部に、RSS Timesという更新時刻のだいたいの目安を表わすバーを追加しました。半分飾りみたいな感じだけど。

ところで、拍手ありがとうございます><



2004-11-23

Web拍手

とくに拍手されるようなことをしてないのにアレなんですが、Web拍手というcgiがあったので導入してみました。右側のメニューの下のほうにこんな感じのボタンがあります。

web拍手とは1クリックで応援の気持ちを伝える、匿名の応援ボタンです

サイトを閲覧していて、「ちょっと励ましてやるか」と思ったらぜひクリックしてみてください。ボタンをクリックすると、管理人が誰かの応援を知って喜び「このサイトも多少人様の役に立ったんだ」とか「もっといろいろ公開していこう」とか調子に乗らせることができます。[1]

管理人にはボタンを押したということ以外分かりません[2]。また、1クリックするだけなのでBBSやメールよりお手軽に気持ちを伝えられます。

  • [1]調子に乗りすぎてるときはメッセージやメール、BBSなどで優しく諭してあげてください。
  • [2]拍手ボタンを押して拍手を送った後「メッセージ」も書いて送った場合には、そのメッセージ文自体は見えます。



2004-11-22

ドラの声が変わる!

ドラえもんの声が交代へ 来春、大山のぶ代さん降板
なんと! 主要メンバーが降板して、若手にバトンタッチするらしいです。



2004-11-21

ケータイから今日の一枚

サイトに彩りが足りないので、携帯電話等から写真を送ってトップページで手軽に表示できたらいいなぁと思っていたところ、いいツールを見つけました。clippicというPerlスクリプト/CGIです。

で、早速導入してみました。右側のメニューのすぐ下に出ている画像はそのclippicによるもの。やっぱり載せる場所があれば撮ろうと思うし、撮ろうと思えばいろんな観察をするようになる――といいですね。





2004-11-20

世界のスポーツ

スポーツはゲームのルールを考えるうえで、とても参考になります。それなのに世の中にあるスポーツを野球、サッカー、バスケといったメジャーなものだけだと考えるのも視野の狭い話。そんなときにはこれ、NHK-BS1で放送中の「世界おもしろスポーツ再発見」をどうぞ。

この番組、ほとんど毎日のように放送しているようです。おかげでなかなか消化しきれないんですが、野球を改良してスピード感を増した(らしい)ペサポロでは「野球? 僕にしてみれば遅すぎるね」と言ったり、芝刈りをスポーツにしていたり、10日間続く鉄人レースがあったり(途中死にそうになる)、世の中は広いなといろんな意味で実感できます。



2004-11-19

Webサイトの衣替え

一年とか半年に一回は気持ちを新たにしたいもの。というわけでWritingCafeのデザインを新しくしました。今回は以前紹介したことのあるOpenSourceWebDesignのテンプレートをベースにしています。まだいろいろ調整中ですが。

サイトを新装するとき、各種Blogをはじめ、会社でもチームで使っているXOOPSとか、PukiWikiベースのSiteDevなども検討したのですが、

よく考えたら、FSWikiのままでかなり自由にデザインできるのでは

と当たり前のことに気づき、こういう形になりました。

訪問者にとっては結構どうでもいいことなんですが、管理者のモチベーションの維持のためには、こういう気分転換もいいものなんです。まぁ軽く流してやってください。



2004-11-16

Blogger 日本語対応?

GoogleのBloggerが日本語対応にというわけで、BloggerでテストBlog作成をしてみました。今は順次日本語化中という感じで、国内のBlog提供サイトの方がまだまだ親切です。が、なんにしろ近頃のWebサイト作成は簡単でいいなぁ。


Tag : ツール

2004-11-10

日本語プログラミング

「ひまわり」に続く日本語プログラミング言語「なでしこ」の開発が本格化
こういう試みは好きです。そのうち仕様書が動いたりして…。まぁ、それは冗談として、難しいのは「細かい手続きを書いた文」というのが自然な文章じゃないってことでしょうね。自分的にはC系列の言語の方が見やすいけど(それは当たり前)、日本語なら変数名をもっと楽に考えられるかも。でも遠い昔Cを使い始めた頃は、{}が気持ち悪かったなぁ…。

ゲームショップBlog

ゲーム屋店長奔走記
ゲームを販売している現場とかあまりよく分かってないので、こういうBlogは興味深いです。こちらも開発の話を言える範囲でもうちょっと出していった方が楽しいかもしれない。ところで、PSPの初期不良はいつものように皆覚悟してたりして。



2004-11-9

VIRTUAL-ON NATIVE

2002年から現在までの経緯からのリンクで知りました。MotionWorksWheelLibraryが多少なりとも役立ったようで嬉しいです。個人での開発は時間の確保がたいへんで、ひとりでこなす部分も多くてモチベーションの維持も一苦労なんですが、頑張ってる様子に敬服。「いいと確信できるものは続ければ必ずモノになる、途中でやめるから失敗するんだ」という言葉を思い出し、自分も地道に頑張ろう。

最近は新作を溜め込んでばかりなので、遊び心のある小さなものを作って出して行きたいですね。



2004-11-7

QRコード

最近はQRコードというバーコードの変り種みたいなものをよく見かけるようになりました。こんな感じのやつです。

ようするにバーコードが一次元だったのを二次元にしたもので、これの読み取りに対応したケータイのカメラなどで画像を認識させるとURLなどの入力の手間が減るというもの。使ってみるとけっこう便利です。名刺や説明書につけるのはよくありそうだけど、年賀状なんかにQRコードを使って隠しメッセージを入れてみるのも一興かと。

ちなみにこの画像はQRのススメで作成しました。文字はあと付けですが。


Tag : ツール, UI

Cafe Diary ログに戻る