Plays / 最終更新時間:2005年03月29日 02時59分47秒

目次

函館

2005-2-16

北海道、函館へ!

ホームページの更新がないなぁと思ったらまたか! ……というわけで、2/10〜2/13にかけて北海道に行ってきたので、その様子を少しお届けします。

今回はANAに乗るので羽田空港第2旅客ターミナルから飛行機へ。店も色々あって普通に買い物とかできます。

着いたホテルは、湯の川プリンスホテル渚亭。これはロビーに飾ってあったもので、部屋の方はごく普通の洋室。でも風呂の施設が充実していて、しかも平日だったのでひとりで貸切でした。露天風呂からは津軽海峡が!

夕食は鮭のちゃんちゃん焼きに、各種刺身、蟹、ウニの茶碗蒸し、肉の包み焼き、その他もろもろがコースで出てくるだけでなく、バイキングの方のメニューも食べれたため、かなり充実してました。でも食べきれない……。

路面電車で移動したあと、ロープウェーで函館山に登ると名高い函館の夜景が。「遠くに見渡す限り綺麗な夜景が見える」というのは今までも見たことがあったけれど、函館の夜景は物凄く近くにあるように見えて不思議でした。ただ時間が遅かったのでゆっくり見る暇がなかったのが残念。綺麗だったなぁ。

市電のQuickTimeムービーはこちら→siden.mov(259)
周りに音はなく、そのうえ誰もしゃべらないので、電車が止まると物凄い静寂が訪れました。

翌日の朝食。ごはんとパン両方取ってるのはいったい。

食事している席から見える津軽海峡。海の向こうは青森です。左側からは日が昇りつつあります。



Trackback(0)

札幌

2005-2-19

サッポロ雪祭り

ちょっと間が空いてしまいましたが、引き続き北海道旅行の話を。

次の日は電車に乗って札幌へ行きました。移動だけで8千円ぐらいかかります……。

札幌味噌ラーメン。青竜という店です。オホーツクラーメンは塩味で魚介たくさん。

この日泊まったKITAホテルの前でスーパーヘビィ級の雪だるまと対戦。

中はこんな感じ。値段のわりに洒落たホテルです。応対も丁寧で好感がもてます。

外に出て移動中。ボブスレーできそう。あわてたせいで、わけのわからないポーズをとってます。

サッポロファクトリーです。建物の中で買い物したり、映画みたり、食事したりできる、お台場のような感じ。

ちょっと一息。

ご当地キティ。まりも…。

おろおろして、ふとたたずむポン・デ・ライオン

夜になり、札幌テレビ塔へ。ここにはテレビ父さんというヘンなマスコットがいます。東京タワーノッポンといい勝負ができそうです。

雪祭りをやっている大通りの様子をテレビ塔から。

エレベーターが物凄い混雑していたので、帰りは階段で。スリルあります。

雪祭りの雪像。会場は思ってた以上に広くて凍えます。でも物凄い巨大な雪像、細部に凝った雪像、なんのキャラクターか分からない雪像、解けた雪像などなどバラエティの富んでいて見ていて楽しいです。

ヨン様。らしいです。悪意を感じます。

こちらもヨン様。男前になりました。手はどうでもいいのです。

雪国ならではのJTの広告。

スターウォーズからダースベイダーとR2D2も参戦。このへんでデジカメのバッテリーが……。

夜はジンギスカン。早く閉まる店が多いなか偶然見つけた店で食べたんだけれど、おいしかったです。



Trackback(1)

2005-2-23

チョコレートファクトリー

北海道旅行3日目。
同じ話題ばかりでしつこいですが、これが最終日なのでお付き合いを。
(次は違う話題にします)

朝食のデザートとして食べたプリン。ポッチンとは…。

マシュマロのような雪です。

チョコレートファクトリー。左に見えるのが白い恋人を作っている工場です。右側の庭ではチューブやソリに乗って滑って遊べます。

見学コースを進むと見れる、昔のチョコレートの作り方の劇。ミニチュアの中に映像を写して自動再生してます。でも皆あまり見てない……。

工場内を二階から見学。出来の悪い菓子を見定めて取り除いたりしてます。

お菓子作りコースに参加すると、オリジナルの形の白い恋人とかも作れるとか。

こげぱんの作者が見学したようで、色紙もありました。

カフェもあります。このソフトクリームうまかった!!
だからってこんなに拡大しなくてもいいんだけど……。

なんか演奏もしてました。あと、古いおもちゃのコレクションの展示だとか、いろいろあって、なかなか遊べます。

次に札幌市丸山動物園へ。いろんな猿がたくさんいました。やっぱり寒いのか、雪への設置面積を減らす努力が伺えます。

なぜか檻に豹柄のクッションが。じゃなくて、本当の豹です。

彼女がダチョウを撮ってるところを撮ってみる。雪に埋もれた動物園なのにゾウ、キリン、ライオン、トラ……と充実してます。動物園と雪っていう組み合わせが新鮮でオススメ。雰囲気が好きです。

次は大倉山ジャンプ競技場へ。といっても狙いは、すぐ隣にある……

札幌ウィンタースポーツミュージアム。これはバイアスロン射撃の様子。こういうのがいろいろ体験できます。ほかはボブスレー(アーケードゲームみたいな)、フィギュアスケート(の回転)、アイスホッケーのキーパー(でかいアイトーイみたいな?)、スピードスケート(滑る反復横とび)、展示などが。

でも、目玉はスキージャンプシミュレーター。基本はタイミングゲームなんだけど、装備や施設が物々しくてドキドキします。姿勢もあんなに急な角度でやるとは……ぜひ一度体験を。

最後は海鮮丼定食で北の大地にお別れ。冬の楽しさを堪能しました。
いつか夏の北海道にも行ってみるのもいいかもしれないです。



Trackback(0)

マウントレースイ

2005-1-28

マウントレースイで滑る

1/14〜1/16にかけてスノーボードに行ってきました。が、そのことをPhoto of the Dayにしか載せていなかったので、Diaryにも少し書いておこうと思います。

今回出かけた場所は北海道、新千歳空港からバスで1時間30分ほどのところにあるマウントレースイというゲレンデ。

平日はこのとおり空いてました。
コースはニセコの方が変化があって面白いけど、この空きっぷりが快適です。
ちなみにニセコひらふに行ったときの日記はこちら

スノーボードは一年ぶりだったけど結構覚えてて、ひと安心。

ゴンドラで頂上まで上ると、ようやくふかふかの雪が。

頂上付近は景色がいい。でもこのあたり初心者コースとかいいつつ中級者コースより急だったりする。

滑りながら友人らを撮ってみる。ムービーも撮ったけど、そういうときに限ってコケ率が高いのは芸人魂でしょうか。

熊と格闘する人物。このあとフロントチョークが極まりかけます。しかし背後には鹿が2頭……!

ゲレンデにレストラン、ロビー、ホテルなどが隣接していて、その点は楽だったんだけど、食べ物はいまひとつ。空港で食べたものは結構美味しかったです。

ナイターはこんな感じ。でも誰もそんなパワーはありません。筋肉痛が……。温泉、露天風呂があるので皆そっちにくぎ付け。

雪の積もりっぷりがさすが北海道。
夕張市は夕張国際映画祭を開いたりしていて映画の街として町興しをしているようで、古めかしい映画の看板が町のいたるところにありました。メロンだけではないらしいです。

ミレナリオみたいな門がありますが、ホテルの外で夕飯を食べようと歩き回った疲労が……。そんなわけであまり近づくことなく素通り。

靴擦れが……。でも怪我(と疲労)の功名で、スネをうまく使うと楽になることを発見。
今回初めてスノーボードをした友人たちの上達っぷりは前自分らが行ったときより断然早かったです。

倒れこんだあと。止せばいいのに、コブやクォーターパイプといったスノーライドアイテムにもちょっとだけ挑戦。でも楽しいです。

雪だるま。雪がサラサラなので大きく作ろうとすると崩れてしまいます。

それではまた次滑るときまで。


Tag : 旅行, 遊び

Trackback(12)

ニセコひらふ

2003-12-15

ニセコでスノーボード

今年は雪不足でどこのスキー場もオープンが遅れているものの、先週末はついに行ってきた。北海道、ニセコひらふスキー場へ! なんとか雪も積もってひと安心し、近くのペンションに泊まって、二泊三日で長く広いコースを堪能。

去年初めてスノーボードを体験したとき、シーズンも終わろうかという苗場はアイスバーン。それでもスノーボードは楽しかった。ニセコひらふも雪不足の今年は麓のコースにアイスバーンが多かったけれど、リフトで中腹以上に上れば雪もあり、雄大な景色も見れて一石二鳥だった。そして今年もスノーボードは楽しかった。

ここはリフトも多いし、ナイター設備も「なんでこんな時間、こんな高さまでやってるんだ」というぐらいよくできていて、雪不足さえなければ最高のスキー場のひとつなんじゃないだろうか。周辺にある料理店や夜空や温泉もよかったし。…といっても、あまり他のスキー場を知らないけど。

現在のニセコひらふの様子はニセコアルペンのページがライブカメラ&コメント付きで分かりやすい。

少し慣れたあと滑るときのオススメは花園エリア。途中崖のような場所があるけれど、コースの幅が広く、雪があるので、そういうのを経験できるのも楽しい。[1]

  • [1]ふつうあんなところ行くのは正気じゃない! と思う。でも、スノーボードの板をつけていると初心者でも行く気になるのが面白いところ。体があちこち痛いです。