Plays / 最終更新時間:2005年03月29日 03時00分54秒

九州北部

2005-3-28

九州の春と地震

3/18〜3/22に掛けて九州旅行に行ってきました。今回はその様子を簡単にご紹介。

これは福岡の博多にあるキャナルシティの一角。買い物したり、食事したり、映画をみたり、ゲームセンターで遊んだりできる大型施設です。面白いおみやげや、ラーメンスタジアムなんかもあります。

ムーミン ベーカリー&カフェで昼食を取ったんですが、なかなか美味しかったです。調べてみる東京ドームシティ・ラクーアにもオープンしたようなので、興味のある方はどうぞ。

国の重要文化財にもなっている門司港駅。このあたりは古きよきをレトロと言って観光地化に成功してます。

門司港レトロ周辺。雰囲気がよくて、人も多すぎず、買い物する場所や食事する場所、見学するもの、展望台、連絡船などいろいろ観光スポットがあります。夜になるとまた綺麗。

次の日。長崎に向かって高速を走ります。
そのとき、のちに言われる福岡県西方沖地震が発生します。震度は6弱。

しかし――車の中で兄貴の子供と遊んでいたので、全然気付かず。電光掲示板の高速を降りるようにいう指示を見てラジオを付け、ようやく「地震があったみたい」と知ります。[1]

  • [1]ただ運転手はハンドルをとられた感じがしたので、タイヤがパンクしたのかと思ったそうです。

「まぁ、大丈夫じゃない?」というわけで、そのまま観光。長崎にあるハウステンボスへ。

いまはチューリップ祭りをやっていてとても華やかです。昔すぐ隣にあったオランダ村は無くなって、その敷地をハウステンボスが使うようになってました。まぁ、内容かぶってたし……。

次の日はイチゴ狩りへ。珍しい4個合体のテトラポッド・イチゴ[2]

  • [2]そういう品種ではありません。

その日、福岡に戻ってみると…

ブロック塀が! 古い家の屋根瓦も一部崩れたりしてます。家の食器棚に入れてあった食器も落ちて粉々になったりしていて、「ああ、結構揺れたんだな」とようやく実感。

それでもこりずにまた観光。この日は大分県、温泉でおなじみの湯布院へ。焼肉を食べます。このあたりは地鶏も有名で、鶏(肉)好きには嬉しい限りです。

温泉はハーベストファームの貸切露天風呂で。あったまります。

翌日、湯布院の観光名所の一つということで、金鱗湖へ。湖というより池という感じの小さな湖ですが、結構綺麗。この日は生憎雨だったけれど、天気のいい日、朝靄のかかってるときなんかはもっといいんじゃないかな?

湯布院は駅の中にも美術展示があるくらい美術館がたくさんあり、さきほどの金鱗湖のほとりにはマルク・シャガール ゆふいん金鱗湖美術館があります。ここの1Fにあるカフェもおすすめ。

写真撮影禁止だったので写真はないけど、湯布院ステンドグラス美術館も綺麗です。あとステンドグラスの横に書かれている解説文が個性的。というか解説を書いている人のステンドグラス好きの想いが伝わってきました。

別府に向かい、昼食は亀正という回転寿司。ネタがでかくて、分厚く、かつ新鮮。関アジ、関サバなんかも格安で食べられます。写真に写っているのは甘エビです

別府も温泉で有名なので、各所から湯煙が立ち上ってます。でもここの湯の温度は98℃。地獄めぐりで行く地獄のひとつ、海地獄です。

アフリカゾウとかフラミンゴもいます。なんというミスマッチ……。

こちらは一番有名であろう、血の池地獄

これは強引な地獄、鬼山地獄。ってワニじゃん……。

という感じで9つの地獄をめぐって地獄めぐりを完了させます。九州北部の小学生の修学旅行先はだいたいここになるとか。

最後はやはり豚骨ラーメンということで、博多の屋台でラーメンを食べます。豚骨ラーメンは当たり外れの差が激しいんですが、ここのは結構おいしかったです。



Trackback(16)